ジャパンシンドローム
STEP.1〜球の裏側〜
(システム構築)

KYOTO EXPERIMENT 2011にて展示された高嶺格氏「ジャパンシンドローム STEP.1〜球の裏側〜」のシステム構築を担当。